こんにちは。
富士市を中心にエアコン取り付け、エアコン取り外しなどのエアコン工事や給排水設備工事を請け負っているアース設備株式会社です。
このようなエアコン工事以外にも、配給設備工事やプラント配管工事なども行っています。
プラント配管工事とは、工場に必要な配管に関する工事を指しており、さまざまな種類があります。
今回は専門性の高いプラント配管の種類などをテーマに、お話したいと思いますのでぜひ最後まで一読くださいませ。

プラント配管とは


プラントとは、工場にあるすべての設備のことを指します。
そのため、プラント配管は「工場内にある配管」のことを意味することになります。
工場内にある配管だからといって、一般的な配管と何かが違う訳ではありません。
しかし、使用する工場や場所によっては、配管素材の特徴を選び配管工事を行う必要がある現場があります。
例えば、化学製品を作る工場の場合、薬品の爆発に備え「防爆性」を持った素材でできた配管を使用することが多いです。
このように、素材の特性をしっかり理解した上で、現場ごとに最適な配管工事を行うとこが求められます。
では、工場で使用される配管にはどのような種類があるのか、ご紹介していきます。

プラント配管の種類

プラント配管は大きく分けて3つに分類できます。
・気体配管
気体配管とは、主に空気や蒸気、冷媒、燃料を通すための配管のことを指します。
主に使用される場所は、プラントの機械同士接続するためのプロセス配管や真空環境を作り出すための真空配管などがあります。
身近な配管としては、エアコンの室外機と室内機を繋ぐ配管がこの気体配管です。
気体配管は蒸気や冷媒を流す配管になるため、熱損失を防ぐための保温工事やなどが必要です。
他にガス管なら腐食対策として、ポリエチレン管や樹脂被覆鋼管などが使用されています。
また水蒸気を流すなら高温高圧に耐えられる鋼管を使う場合もあります。
・液体配管
液体配管とは、飲料水や雑用水、排水などさまざまな液体を流す配管のことを指します。
配管の内部に空気が溜まると流れにくくなるため、配管径を縮小、空気抜き弁などが付いているのが特徴です。
液体の通り道となる配管であるため、冬場や室内気温が低い工場などでは凍結による破損への対策も必要です。
・粉体配管
粉体配管とは、小麦粉のような細かい粉を流すための配管のことを指します。
主に食品工場などで使用されております。
粉体配管は他の2つの配管と異なる点があり、それは流れる粉体がダマになり配管詰まりを発生させる可能性が高いことです。
この配管詰まりを引き起こさないために、表面が平らで滑らかな配管を使用し、カーブや勾配を少なくするなど配管の設置場所での配慮が必要です。

現場に最適のプラント配管を設計、設置


いかがでしたか?
工場などの現場ごとに最適な配管の素材、設置場所の選定が必要です。
工場の製造ラインをスムーズにするために、熟練スタッフが設計時から最善のプランをご提案いたします。
プラント配管や配給設備に関する工事についてお悩みの方は、お気軽にご連絡くださいませ。
丁寧にヒアリングを行い、最善のプランをご提案いたします。
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。


エアコン工事・エアコン取り付けは富士市のアース設備(株)
ただいま、新たな現場スタッフを求人中です!
〒417-0061 静岡県富士市伝法2860-3
電話:0545-51-6967 FAX:0545-51-6971