こんにちは。
富士市を中心に配給設備工事から、エアコン工事まで幅広い工事を請け負っているアース設備株式会社です。
弊社では、工場のお客様から一般家庭のお客様まで、多くのお客様よりご相談を頂戴しております。
その中でも、エアコン取り付け、エアコン取り外しといったエアコン工事についてのご相談が多いのです。
引っ越しなどでエアコンの移動が必要になった際に、電気工事業者に依頼する方が良いと引っ越し業者からおすすめめされる方もいらっしゃると思います。
しかし、電気業者に依頼すると別途費用が発生してしまうこともしばしば。
少しでも費用を抑えるために、ご自身でエアコン工事を行う!とう方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、ご自身でエアコン工事を行う際の注意点をご紹介しようと思います。

エアコン工事の注意点


・エアコン取り外しの場合
「ポンプダウンが終わるまで、ナットを触らない」
ポンプダウンとは、エアコンを取り外すときに冷媒が外に漏れないように室外機の中に閉じ込めておく作業のことを指します。
エアコンの配管のナットを誤って先に緩めてしまうと、配管内の空気が入りコンプレッサー内部にある潤滑油が発火し、爆発する危険性があります。
また冷媒が漏れてしまい、冷房機能を低下させてしまう原因にも繋がります。
・エアコン取り付けの場合
「天空引き」
天空引きとは、室内機と室外機を繋ぐ配管を真空状態にすることです。
この作業冷媒ガスと配管内の空気が混ざってしまったり、配管内に残った水滴が凍ったりしてエアコンの効率が落ちたり、故障の原因につながります。
・冷媒配管を途中で折ってしまう
冷媒配管とは空気を冷却するために必要な部分です。
配管を室内機の補助配管と接続しテープの巻き上げている時などに、誤って配管パイプを折ってしまうことがあります。
折れたまま動作させると冷媒ガスが抜け、冷房機能がうまく作動しなくなります。
また完全に折れてしまった場合は、新しい配管の付け替えが必要です。

エアコン工事は専門業者に依頼するのがおすすめ


今回ご紹介した内容の他にも、注意すべき点は多くあります。
また自分でエアコン工事を行った場合、取り付け工事を請け負ってくれる業者は少ないということを知っておきましょう。
エアコン工事は適正な手順、方法で行わないと、正常に機能しない大変デリケートな家電です。
この点も踏まえて、エアコン取り付け、エアコン取り外しなどのエアコン工事を業者に依頼するか、自分で行うかを選択しましょう。
エアコン工事はもちろん、さまざまな設備の工事についてのご相談はお問い合わせページよりご連絡ください。
最後までご愛読いただき、誠にありがとうございました。


エアコン工事・エアコン取り付けは富士市のアース設備(株)
ただいま、新たな現場スタッフを求人中です!
〒417-0061 静岡県富士市伝法2860-3
電話:0545-51-6967 FAX:0545-51-6971