こんにちは!静岡県富士市に拠点を構え、静岡県や神奈川県で、エアコン取り付け・取り外しなどの空調設備工事や衛生設備工事を手掛けているアース設備株式会社です。
読者の皆様の中には、エアコンの具体的なメンテナンス方法を知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は空調設備の中でも、特に多くのご家庭でもご使用されているエアコンのメンテナンスについてご説明していきます。
ぜひ、最後までご覧ください!

そもそも空調設備とは?

空調設備とは、空気調和設備の略です。
空調設備の代表的な例として、エアコンがあります。
しかし空調設備はエアコン以外にもさまざまなものがあり、加湿器や空気清浄機も空調設備に含まれます。

メンテナンスではどのようなことをするのか?

ここからは空調設備の中でも皆様に馴染み深いエアコンのメンテナンスに焦点をあてて、具体的にご説明していきます。

温度測定
空調設備のメンテンナンスはまず、吸い込み温度と吹き出し温度の確認を行います。
エアコンの場合、室内の暖かい空気を冷媒が運搬することによって温度調整が行われていますが、このときにエアコンから冷たい空気が出ているか、室外機から暖かい風が出ているかの確認が必要です。
測定の結果、吸い込みと吹き出しの温度が適切でない場合は、メンテナンスが必要になります。

ガス・水漏れの確認
エアコンは配管の中に冷媒と呼ばれるフロンガスが通っています。
フロンガスが漏れ出ているとエアコンが効かなくなるのはもちろんですが、オゾン層の破壊などの環境破壊にもつながってしまう恐れがあるため、注意が必要です。
また、空気を冷やす際に室内機や室外機の中には水分が発生しますが、排水構造に異変が生じた場合、本来出てはいけない箇所から水漏れが起こるケースもあります。
従って、メンテナンスの際にはガス漏れや水漏れの確認が行われます。

フロンガスの圧力測定
空調メンテナンスの際は、フロンガスの運転圧力の測定も行われます。
配管内のフロンガスが適切な圧力で注入されているかを確認する作業で、圧力が強いと配管の破損につながり、圧力が低いと熱の運搬を妨げてしまうため、エアコンの効きが悪くなってしまいます。

配管温度の確認
配管の温度に問題がある場合、配管の破損につながる恐れがあるので、冷媒の圧力を確認して注入し直したり、配管の補修などを行います。

空調設備のメンテナンスもお任せください!

弊社では、家庭用エアコン・業務用エアコンなどの空調設備工事やメンテナンスのご依頼を承っております。
経験豊富な職人たちが、お客様のご要望に真摯に対応いたします。
また給排水衛生設備工事や換気設備工事なども手掛けており、個人様・法人様問わず、幅広い施工のご依頼に対応可能です。
空調設備のメンテナンスについてのご依頼がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

弊社では新規スタッフを募集中です!

弊社では、空調設備工事や各種配管工事に携わってくださる新規スタッフを募集中です。
経験・未経験問わず、異業種からの転職者も大歓迎です。
エアコン取り付けや空調設備メンテナンスにご興味がある方、スキルを生かしたい方は、ぜひ弊社求人にご応募ください。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。


エアコン工事・エアコン取り付けは富士市のアース設備(株)
ただいま、新たな現場スタッフを求人中です!
〒417-0061 静岡県富士市伝法2860-3
電話:0545-51-6967 FAX:0545-51-6971